こんな人は要注意!10代20代の若年性脱毛症の特徴

10代の若者 若いうち、特に10代から20代のうちに薄毛になって頭皮が見えることを若年性脱毛症と言います。
若年性脱毛症は、医療的な特定の疾患があるわけではなく、若いときにハゲて頭皮が見えてしまうことをそう呼ぶのです。
若年性脱毛症は、別名で若ハゲとも呼ばれています。

なぜ若ハゲが起きてしまうのかというと、それには男性ホルモンが関係しています。
男性ホルモンが、交換酵素5αリダクターゼによってDHTに変わるのが原因です。
女性も男性も、この男性ホルモンが原因ということに変わりありません。
髪の毛が成長し、いずれ抜けていく、一連の流れのことをヘアサイクルといいます。
若ハゲは、このヘアサイクルがうまくできていないことが原因です。

ヘアサイクルには、成長期、退行期、休止期に分かれています。
成長期は、髪の毛が伸びて成長する時期のことです。
退行期は成長した髪の毛が成長を辞めてしまう時期のことです。
そして休止期とは、髪の毛が細くなり、抜け落ちてしまう時期のことです。
若年性脱毛症は、このヘアサイクルのうち、特に成長期に問題があり、乱れてしまっていると考えられています。
成長期が通常よりも短くなると、まだ髪の毛が十分に成長しないまま抜け落ちてしまい、結果としてハゲてしまうのです。

また、若ハゲの原因として、遺伝もあります。
血縁関係のひとが若ハゲだとその遺伝で若ハゲになる可能性は高いです。
遺伝が原因であれば、親族にも同じように若ハゲの人がいるということです。
薄毛になることはいずれは誰にでもあり得ることですが本来まだハゲないはずの年齢からハゲてしまうことを若年性脱毛症、別名若ハゲと言うのです。
若ハゲの特徴としては、その名前の通り若いうちからハゲてしまうということが挙げられます。
まだそんな歳ではないのにハゲてしまった、薄くなってきていると感じる人は若年性脱毛症の可能性が極めて高いです。

また、他の特徴として、円形脱毛などといった、一部の脱毛が挙げられます。
自分ではなかなか気がつきにくいですが、周りの人から頭皮が見えると指摘されたら若年性脱毛症と疑った方が良いのです。
これらの特徴に当てはまると若年性脱毛症なので、若年性脱毛症についての理解を深めていく必要があります。
若年性脱毛症になる原因として、ストレスや、生活習慣、ホルモンバランスの乱れても挙げられます。
若年性脱毛症を良くしていくためには、日々の自分の生活を見直していく必要があるのです。

若い自分は大丈夫と思わないで薄毛と向き合おう!

若年性脱毛症は男の人にも女の人にも起こりうることですが、多くは男の人に見られます。
若い男の人が、これから女の人とお付き合いを始めたいと思っていても、若ハゲが原因でなかなか踏み出すことができない、ということで精神的にストレスを抱えてしまうのは仕方ないことです。
その精神的なストレスによってさらに若ハゲを進行させてしまうこともあります。
まずは、これくらいなら大丈夫だという強い気持ちを持つことが、若ハゲの対策方法としては効果的です。

他にも対策方法として、髪の毛及び頭皮を清潔に保つ必要があります。
常に清潔さを保つことで、髪の毛が抜け落ちにくくなるからです。
清潔感は見た目にも良い印象を与えます。
ハゲているとどうしても清潔感にかけてしまいますが、普段から髪の毛には気を使い、清潔感を保つことを心掛けることが大切です。

また、若ハゲの対策方法として睡眠をしっかりととることも挙げられます。
睡眠不足は、薄毛を悪化させてしまいます。
毎日寝る時間を決めて、夜更かしを避けることでハゲは改善されます。
また、偏ったバランスの食事もよくありません。
ダイエットなどで偏った食事をしているとハゲをより進行させてしまうと言われています。