オナニーのやりすぎはハゲるって本当?

薄毛の男性 男性型脱毛症をAGA(エージーエー)と言いますが、もっとも早いケースでは思春期以降に症状が出ると言われています。
AGA進行のメカニズムは脱毛部にみられるジヒドロテストステロン(DHT)が増加し、ヘアサイクルを乱すことが発端となり薄毛となることが分かっています。
ジヒドロテストステロンとは男性ホルモンの1種であるテストステロンが体内で作られる還元酵素の5αリダクターゼという物質と結びつくことで変化し、抜け毛を進行させるジヒドロテストステロンとなります。
脱毛と男性ホルモンの関係が深いと考えられていますが、男性ホルモンであるテストステロン自体に脱毛因子はありません。
5αリダクターゼと結びつきジヒドロテストステロンとなることで、髪の成長を妨げ、本来太く成長するはずの髪が、未成長のうちに抜け落ちることで徐々にヘアサイクルを短縮します。
テストステロンは本来、男性機能を作る役割があり、テストステロンの分泌により、筋肉質な体をつくり、また精液分泌を促すため、男性にとって重要なホルモン物質となります。
噂話で「オナニーをするとハゲる」と言われています。
実際にオナニーをしてハゲるということは間違った解釈です。

オナニーをすると射精により精液が体外に排出します。
精液は男性のみのある臓器の前立腺により分泌され、女性とのセックスにより排卵される卵子に射精した精子が結びつくことで胎児となる重要な役割を担っています。
思春期以降になるとホルモン分泌が活発となり、性欲が高まるとオナニーを行うのはごく自然な行動と言われています。
射精により男性ホルモンであるテストステロンの分泌が活発となることは確かですが、テストステロンが直接薄毛の原因ではないため、オナニーやセックスをしたからと言ってハゲるわけではないのです。
互いに愛し合った男女が性的興奮を感じ、セックスという行為に至りますが、セックスにより性的興奮を覚えるとハゲるという噂もありますが、性的興奮が薄毛を進めることもありません。
テストステロンの代謝が活発となると、筋肉組織や皮膚、骨、髪などの生産を高めるのです。

ただ、年齢を重ねるごとに代謝が衰え、30代以降でテストステロンの生産が減少し、一方で還元酵素である5αリダクターゼの生産過剰となり、ジヒドロテストステロンが増えて脱毛が進行するのです。
加齢による代謝の衰えがAGAの大きな原因であり、オナニーやセックスとの直接的な関係はありません。

オナ禁をすればハゲないというわけではない!?

オナニーをするとハゲるという都市伝説により、オナニーを封印すればハゲないという考えの人がおられますが、これは全くの間違いです。
男性ホルモンであるテストステロンは分泌後に筋肉組織や骨の成長、皮膚や髪の成長を促すため、血液に乗って末梢血管まで到達します。
頭部の場合、毛穴の奥にある皮脂腺から分泌される脂と古くなって剥がれ落ちた皮膚が結びつくと毛穴を塞ぎます。
毛穴から分泌される皮脂の酸化により5αリダクターゼの生産が進み、血液から送られるテストステロンが毛乳頭に到達すると5αリダクターゼと結びつきジヒドロテストステロンとなり脱毛因子となります。
加齢に伴い5αリダクターゼの生産が進むため、仕方がないことです。

髪の成長を促すためには十分な栄養素を毛乳頭に送り、5αリダクターゼの生産を少なくすることが重要です。
髪の元となる栄養素はタンパク質と言われており、肉や豆類、穀物などにタンパク質が多く含まれます。
また、体内で不足すると免疫力が低下すると言われている栄養素に亜鉛があります。
亜鉛は人間の体内では作ることができないため、食事などから摂取しなければいけません。
とは言え、タンパク質の取り過ぎは肥満となり、亜鉛の摂り過ぎは肝臓障害や吐き気につながることがあるため、バランスよく摂ることが良いでしょう。
男性の射精には直接的な原因はありませんが、代謝の衰えや栄養の偏りおよび消化吸収等が関係しているのです。