プロペシアのジェネリック医薬品で格安薄毛対策

頭皮環境 AGA対策の最も代表的な方法と言えるのが、プロペシアと呼ばれる薬を使用することです。
この薬にはフィナステリドという成分が含まれており、AGAの原因となっている脱毛ホルモンの増加を抑制する働きがあります。
そのためAGAから回復させやすくするための、頭皮環境を育む効果に期待ができるのです。

しかしながらプロペシアには価格が高いという短所があります。
莫大な研究開発費を投じて作った薬ですので販売価格も安くありません。
AGA対策は継続性を持って行う必要があり、加えて発毛ができた後でも続けていく必要がありますから、コストが高くかかってしまうのは大きなマイナス点と言えるでしょう。

そこで注目を集めているのがフィンペシアと呼ばれる薬です。
いわゆるジェネリック医薬品という位置づけであり、プロペシアと比較して安いのが特徴です。
病院でプロペシアを処方してもらう場合ですと、月々に1万円前後の費用がかかるのが相場ですが、フィンペシアの場合はその時々で価格は上下するものの、おおむね3分の1程度に収まります。
格段に安い費用で薄毛対策ができるため、費用の高さで治療ができなかった人でもトライしやすいのです。

ただ、フィンペシアは病院では扱っていないことが殆どです。
プロペシアを主な治療薬としている病院が多いため、病院へ行っても処方を受けることはできません。
手に入れるためには個人輸入を利用するのが一般的です。
個人輸入ではジェネリック医薬品を豊富に扱っていますので、フィンペシアに関しても手に入れることができます。
単品での販売価格が安いのはもちろんのこと、まとめて購入するとさらなる割引価格で買えるところも多いため、格安での薄毛対策が可能です。

個人輸入を利用することで費用面でお得になるだけでなく、手軽な薄毛対策ができるのも魅力と言えるでしょう。
自宅にいながら薬を買うことができ、なくなりそうになる度に病院へ行く必要もありません。
本来なら定期的な病院通いが必要になるところ、そうした手間もありませんから負担が小さいです。
病院通いが不要になれば人に薄毛治療をしていることも知られてしまうことがありませんので、そういった面でも安心感が持てることでしょう。
なお、医師からの処方箋が必要な薬でも、個人で問題なく使用することは可能です。
個人で使用する目的の場合に限って輸入及び使用が認められていますので、処方薬を個人の独断で用いること自体を不安視する必要もありません。

ジェネリック医薬品の効果効能は先発医薬品と違う?

プロペシアは先発医薬品であり、フィンペシアは後発医薬品に当たりますが、そこで気にされるのが効果についてです。
フィンペシアに関しても有効成分のフィナステリドを配合していますが、若干異なる点がありますので理解しておいた方が良いでしょう。

まず知っておきたいことですが、フィンペシアは厳密にはプロペシアのジェネリック医薬品ではないということです。
医薬品は特許によって保護されていますが、プロペシアの特許は2019年まで有効ですので、全く同じ物を作ることはできません。
つまりフィナステリドを含めているからといって、完全に同じ効果があるわけではないと考えておくのが大前提と言えます。

正式なジェネリック医薬品でない以上、同一の効果はありませんが、しかしながらフィナステリドを同じ容量で含めていますので、ほぼ近い働きが期待できます。
実際にフィンペシアでも効果を実感できているケースが多くありますから、AGAに対して一定の働きはしてくれているのです。

ただ、その他の部分で相違があり、それゆえに効果の出方が違っている部分もあります。
プロペシアとフィンペシアとでは有効成分は同じでも、製造方法や添加物は違っているため、効き目が違ってくることもあるのです。
例えばプロペシアでは効果を感じたものの、フィンペシアでは効果を実感しにくくなるといったケースもあります。