入浴時間と洗髪方法が発毛に与える関係性について

シャワー 抜け毛や薄毛で悩んでいる人にとって日頃からの無理のない発毛ケアを続けることは大切です。
その中でも入浴時間や洗髪方法は頭髪に良い効果をもたらす効果と比例することで知られています。
的確に発毛をもたらすためのポイントとなるのは、長時間の入浴によるリラックス効果や血行改善、それに頭皮の衛生状態の改善、それに毛穴の汚れの除去にあります。

まずもってシャワー文化が一般的な海外に比べて日本ではお風呂に長時間つかる習慣が浸透しています。
本来、シャワーはその水圧によって血行改善できたとしてもそれによって血管拡張や体温維持などのリラックスや代謝効果をもたらすことはできません。
シャワーはあくまで汗を流して皮膚に水分を与えることに止まります。

一方、長時間の入浴は身体を湯船につけることで発汗作用がありますし、血流を活発化させ血管拡張をもたらすことで、血液の中を流れる栄養分の分量も増加させます。
すると代謝やリラックス効果が高まるのと同時に頭髪の生える頭皮部分にも毛細血管を経由してしっかりと栄養分が行き渡る状態が出来上がります。
こうして栄養分が過不足なく補充されると毛母細胞の細胞分裂も活発化され、これまで乱れていた成長サイクルも正常化へと導かれます。
このようにして血流を改善させることで発毛をもたらし、なおかつ長時間ずっと湯船に浸かり続けると、入浴後もずっと体温維持をすることができます。
いつまでも体が熱を持って急に冷えることなく、良好な血行を保ち続けることができるのです。

そして入浴の際には入浴時間とともに洗髪方法も重要となります。
まずはすぐにシャンプーなどで洗い出すことなく、最初に髪を濡らして水分をじっくりと与えた上で頭皮を優しく押さえていきます。
周辺部から頭頂部に向けて同心円を狭めるようにして進めていくことで血流を細部に伝える上でも効果的です。
頭皮を柔らかくすることで毛穴に詰まった皮脂やゴミなどを除去しやすくすることができますし、血管拡張や代謝を改善する効果も得られます。

さらに洗髪方法では決してかゆいからといって頭皮をゴシゴシと爪を立ててひっかくことなく、優しく丁寧に洗うことが重要です。
また必要に応じてスカルプシャンプーなどの洗浄力の高い品を用いることで毛穴詰まりを改善しやすくできるでしょう。
こうして入浴時間と洗髪方法に気をつけた生活習慣を続けることで、頭髪の発毛にとって極めて効果的な状態を獲得することが可能となるのです。

暑い湯船に短時間つかるだけの入浴法は薄毛の原因

このようにシャワーではなく湯船への入浴が発毛に好影響をもたらすことは知っていても、その知識を間違った方法に生かしているケースも多いもの。
特に熱い湯船に短時間浸かってサッと上がる習慣は、発毛のためのせっかくの効果を幾つも失うことになります。
熱いお湯にサッと浸かっただけではすぐに体の温度は冷め、ぬるめのお湯に長時間浸かった方がむしろ体温維持には効果的であることが分かってきています。

これには様々な理由がありますが、熱いお湯にサッとつかるとその急激な変化に体が驚き、むしろ体に負荷が生じてしまい、そのストレスによってホルモンに影響が出る可能性があります。
そうなると頭皮に大量の皮脂が分泌され、帰って風呂上りに皮脂が毛穴詰まりを引き起こしてしまいかねないのです。

また、急激に熱い風呂につかると体はそれに対抗して急激に体を冷やそうとします。
こうした流れによって後から必要以上に発汗が起こり、それもまた頭皮にとっては良くない状態をもたらすでしょう。
さらにこのような急激な温度変化は肌の乾燥をもたらすことも多く、頭皮にとってはむしろ悪い効果をもたらすことは明白です。
このような間違った習慣を続けているとかえって薄毛が進行してしまうなどの悪影響は免れないでしょう。