女性版AGAのFAGAって何?何が男性と違うの?

FAGAの女性 男性型脱毛症のAGAは、男性ホルモンが大きく影響している脱毛症です。
特徴は異なりますが、女性の場合にも、女性男性型脱毛症のFAGAと呼ばれる脱毛症があります。
AGAとFAGAと区別するのには、きちんとした理由があります。

一番の違いは、脱毛症状のパターンが異なるという事です。
男性の場合には、頭頂部と髪の生え際など、局所的に薄くなるのが特徴です。
しかし、FAGAは、頭髪が細く弱まってしまい、髪の毛が全体的に薄くなるという症状が起こります。
また、AGAは進行性の脱毛症のため、放置しておくと、髪の毛はどんどんと減り続けてしまいますが、FAGAの場合は、そんな事はありません。

女性も男性に比べますと、量は少ないですが、男性ホルモンを持っています。
男性ホルモンと対をなして、髪の毛を成長させるホルモンが、女性ホルモンのエストロゲンです。
この、女性ホルモンが減少して、ホルモンバランスが乱れて起こる症状がFAGAになりますので、ホルモンバランスを整えてあげる事で、症状の回復が期待出来ます。
大豆製品を摂取したり、女性ホルモンを増やす食材を積極的に摂取する、ストレスを減らすなどの、生活習慣の改善を心掛けましょう。

FAGAが起こるメカニズムとは一体何なのでしょうか。
女性の場合、主に加齢や生活習慣の悪化が原因で、女性ホルモンの分泌量は減るものの、一定の量は分泌され続けます。
ですので、全て髪の毛が抜けてしまうという事はなく、全体的に薄くなってしまいます。
その原因は、様々なものが挙げられますが、紫外線を沢山浴びる事で、皮膚を酸化させてしまったり、睡眠不足やタバコ、お酒やストレスなどがあります。

もしかしたらFAGAかもしれないと感じましたら、事前にチェックをしてみましょう。
両親が薄毛であるかどうか、冷え性で生理不順があるかどうか、肩こりや腰痛などの関節痛があるかどうか、のぼせやすく、汗をかくかどうかというのは、FAGAの傾向がある可能性があります。
また、髪の分け目が薄く、地肌が目立つ人や、急なダイエットをしている、食生活が偏っているなど、栄養不足の状態も、薄毛になりやすいので、注意が必要です。

女性の場合、ちょっとした身体や心の変化が、髪の毛に影響してしまいます。
原因は様々なものがありますが、まずはしっかりと自分の生活習慣を見直して、ストレスや栄養不足、貧血などが起こってないかどうかというのを、チェックするようにしましょう。

FAGAの主な原因は女性ホルモンの減少によるもの

FAGAには、その進行度合いによって5種類に分かれます。
中でも主な原因は、女性ホルモンの減少ではありますが、一体何故女性ホルモンは減ってしまうのでしょうか。
まず、一番の原因は加齢です。
女性ホルモンは子どもを産む時期とされる20代から30代をピークにして、一気に減少していきます。
そのため、閉経を迎える50代の頃から、急激に髪の毛が薄くなるという女性が増えます。

とは言え、現代では栄養不足や貧血、睡眠障害などを抱える事で、10代や20代の女性でも、FAGAが起こりやすくなっています。
ダイエットのし過ぎで栄養不足、貧血になりますと、身体に必要な栄養が無くなり、女性ホルモンも減少します。
また、昼夜ひっくり返った生活を送る事で、夜にきちんと眠る事が出来ずに、睡眠障害を抱える事でも、髪の毛に影響を及ぼします。

ゲームやパソコンを夜遅くまでしていることでも、睡眠障害になる可能性が高く、知らず知らずの内に身体がストレスを感じて、女性ホルモンに大きな影響を及ぼしています。
FAGAは決して、40代を超えた女性だけがかかるものではありません。
10代や20代の女性でも、十分になる可能性があるという事を、しっかりと理解しておきましょう。