染めすぎ注意!?ヘアカラーするとハゲるって本当?

ヘアカラー オシャレのためにヘアカラーを行う人は今や老若男女問わず多いですが、ヘアカラーをし過ぎることでハゲるという話を聞いたことがある人も中にはいるかもしれません。
オシャレのためにヘアカラーを行って、それが原因でハゲてしまっては元も子も無いですが、実はヘアカラーのし過ぎがハゲになる可能性を高めることは事実です。
しかし、ヘアカラーが直接にハゲの原因となるわけではありません。
ヘアカラーは自分に合った色や染め方をすることによって、薄毛を隠すことも可能です。
しかし、誤った染め方を行うことによって頭皮にダメージを与えてしまうため、結果としてハゲに繋がることがあります。

まず、ヘアカラーを行う際はパッチテストと呼ばれるものを行うことが多いと思いますが、これは薬剤を使用することで肌がかぶれないかどうかを事前にチェックするためのものです。
何の異常も現れない人もいますが、体質によっては薬剤を肌につけることによって刺激や痛みを感じることがあります。
これは薬剤に少なからず肌に刺激を与える成分が入っているためで、ヘアカラーを行うことは少なからず髪にダメージを与えることになります。

そして、この薬剤を髪だけではなく、誤って頭皮につけることによって頭皮にダメージを与えてしまい、炎症を引き起こすことがあります。
さらに薬剤がそのまま毛穴に残ることで雑菌が繁殖し、ハゲに繋がることがあります。
また、毛穴が詰まると新しい髪の成長が阻害され、抜け毛が増える原因にもなります。

頭皮に薬剤がつかないように気をつけていても、薬剤は髪に少なからずダメージを与えるため、髪が細くなったり切れやすくなることに繋がります。
そのため、見た目的に髪が少なく、薄く見える原因になるのです。
このような頭皮に薬剤がつき、毛穴が詰まるといったことは自宅でヘアカラーを行う際に起こりやすいです。
美容室でヘアカラーを行うと、頭皮に薬剤がつかないように細心の注意をはらってくれるのですが、手軽さや金銭的な事情から、美容室ではなく、自宅でセルフカラーを行う人も多いかもしれません。

しかし、オシャレのために自宅で期間を空けずにセルフカラーを頻繁に行うことで、自分でも気が付かない内に髪や頭皮にダメージを与えてしまっている可能性もあります。
また、色素をいれやすくするためにブリーチを行う人もいるかもしれませんが、ブリーチもヘアカラーと同じく頭皮や髪に大きなダメージを与える可能性が高いです。
ヘアカラーを行うことが結果としてハゲることに繋がるということは事実なので、行う際は注意点を守り、適切な方法で行うことが大切です。

ハゲないための染め方をマスターしよう!

ハゲないためにはまず、薬剤を直接頭皮につけないということが大切です。
とはいっても自宅で行う場合は全く頭皮に薬剤をつけないということは不可能に近いため、根元には出来る限り薬剤をつけないように注意したり、可能であれば人に手伝ってもらうことがおすすめです。
さらに人によって髪の伸びる速度は違うため、色が落ちたと感じたり、染め直したいと感じる頻度は異なるかもしれませんが、髪と頭皮のためには出来る限り期間を空けることが大切です。
一般的に根元の黒さが目立ち始めるのは染めてから1ヶ月半後からと言われているため、短くても1ヶ月半から2ヶ月ほどの期間を空けると良いです。

また、ヘアカラーを行った後の髪や頭皮のケアに気をつけることも大切です。
例えば頭皮マッサージやトリートメントなどを適切に使用してケアすることで、抜け毛や痛みをある程度防ぐことが可能になります。
特にブリーチを行った後の頭皮は敏感になっているので、ケア方法について意識してみると良いです。

そして何より時間やお金に余裕がある場合は美容室でヘアカラーを行ってもらうことがおすすめです。
プロの手に任せることによって髪の痛みを最小限にとどめてくれますし、髪のケア方法などを尋ねることで正しい知識や方法を教えてもらえる可能性もあります。