薄毛の原因はAGA!?医療機関で検査を!

検査 男性にとって頭髪の薄毛は精神的にも大きなショックを与えるものです。
いざ抜け毛が始まると外見の印象が大きく変わってしまうため若い人でも更けて見られるケースが多いです。
仕事やプライベートで人と会う機会の多い場合には相手の目線ばかりが気になったり、自分の容姿に自信が持てず引っ込み思案になってしまうことも多くなるでしょう。

このような薄毛をもたらす原因には様々な可能性が考えられます。
例えば頭皮の衛生状態が悪化して毛穴詰まりを引き起こしたり、あるいは生活習慣によって男性ホルモンが急激な変化が生じます。
結果、頭皮の血行悪化によって栄養分が供給できなくなることも薄毛に大きな影響を及ぼします。

そしてもう一つの原因としてAGAが挙げられます。
このAGAとは一種の病気に分類される症状のことです。
男性型脱毛症とも呼ばれるこの病気は、男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素が反応して頭髪の成長サイクルに大きな変化をもたらすDHTという物質を作りだします。
このDHTを毛乳頭が持つ感知機能が察知すると瞬時に過剰な反応が巻き起こり、これまで順調に毛細血管から栄養分を吸収していたものが突如それをストップさせてしまいます。
こういった一連の症状によって頭髪が必要とする栄養分の供給がままならなくなり、そのまま栄養不足に陥ってしまいます。
こうして毛根部分の細胞分裂が鈍化し始め、これまで成長期に入って活発に伸びていた頭髪も勢いを失い、抜け落ちて退行期や休止期へと陥ってしまうのです。

この段階になると頭髪が抜け落ちてから再び生え変わるスピードも遅くなり、また生え変わったとしても勢いのない細い頭髪が伸びることとなります。
症状をそのまま見過ごして何も手を打たないままであれば生え変わりよりも抜け毛のスピードが凌駕し、薄毛部分が拡大していくことになります。
とりわけAGAでは男性ホルモンの影響の出易い頭皮の両サイドや頭頂部からハゲていくのが特徴的で、もしもこれらの症状が顕著であればAGAを発症している可能性が高いことになります。

また、AGAは遺伝によって受け継がれることでも知られます。
とくに母親から受けつぎ遺伝子情報にこのAGAを発症する原因が含まれていると言われ、これが男性ホルモンの影響下に晒される時にこの症状を発症することになります。
そのため母親がAGAに陥ることはありませんが、その一方で母方の祖父や母の兄弟などに薄毛が多いとその息子もまた発症のリスクが高まることとなります。

薄毛の早期発見が治療に影響してくる?!検査を!

このように薄毛の原因として広く知られるようになってきているAGAですが、長らく放置していると次第に毛包が縮小していき、最終的には消滅して二度と頭髪が生えてこない状態へ陥ってしまいます。
AGAをいち早く改善したいのであればできるだけ早期発見し、早期治療へと持ち込むことが肝心です。
早期発見のためには自らがチェックシートなどで症状を確認して自覚することも大切ですが、その一方で医療機関を受診して検査を受けることも重要です。

薄毛治療専門クリニックなどの医療機関ではこういった症状の発症の有無を確認すべく様々な検査を行っています。
その代表的なものには血液検査があります。
血液検査ではその場で血液を採取してAGAの発症の有無を特定することが可能です。
もしもこの血液検査で早期発見できればそのまま早期の治療開始が可能となります。
この際の費用は一万円ほどを想定しておくと良いでしょう。

また、医療機関を受診しなくても検査ができる選択肢もあります。
これが検査キットを使った方法です。
検査キットはネットなどでも注文できますが、自らの頭髪などを指定された通り採取して送付することで検査してその結果を知らせてもらうことも可能です。
この検査キットを使った方法の費用は五千円くらいと考えておくと良いでしょう。

言うまでもなくAGAは悪化すればするほど治療も長引きます。
その際、治療費用も増える一方になりますので、こういった出費を抑える意味でも早期発見、早期治療は重要といえるのです。