AGA治療薬には副作用がある!?それって本当!?

薄毛の男性 AGAは、男性型脱毛症のことで、成人男性のほとんどの薄毛がAGAだといわれています。
最近ではテレビや雑誌などでもよく耳にするようになりましたが、放置しているとどんどん薄毛が進んでしまいますから、早期に治療を行うことが大切です。
AGAの原因は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが関係しているといわれていますが、そのほかにもストレスや食事、加齢、生活習慣なども関係しているとされています。
食事や生活習慣などが原因であれば、改善することで薄毛の進行を止めることはできますが、男性ホルモンが関係している場合には、AGA治療を受けないと、どんどん進行してしまいます。
AGA治療薬として、プロペシアやミノキシジルが日本国内でも認可され、効果と実績がある治療薬となっています。

ただ、病院や専門のクリニックで処方される治療薬は、自由診療となるため高額な治療費がかかってしまいます。
また、AGA治療薬は長期間飲み続ける必要があるため、どうしてもコストが膨らんでしまいます。
そのため、最近では低コストで入手できるジェネリック医薬品を使うことで、コストを抑えることができます。
プロペシアやミノキシジルは、使い続けることで効果を持続させることはできますが、使用をストップすれば元に戻ってしまうというデメリットもあります。
そのため、発毛効果をキープするためには、AGA治療薬を継続的に使い続ける必要があります。
AGA治療薬にはさまざまなものがありますが、うつや精子減少、勃起不全、性欲減退、低血圧、肌荒れ、体のむくみ、頭皮のかゆみなどの副作用が現れる場合があります。
こういった副作用が現れた場合には、使用中止をして医師の診断を仰ぐことを覚えておきましょう。

うつや精子減少、勃起不全、性欲減退、低血圧、肌荒れなどの副作用が起こるメカニズムは、詳しいことはまだ解明されていません。
AGA治療薬が男性ホルモンに直接影響を与えることはありませんが、薄毛の原因となる5αリダクターゼに影響を与えることが、うつや精子減少、勃起不全、性欲減退、低血圧、肌荒れなどの副作用につながるのではないかと考えられています。
こういった副作用を出さないためには、AGA専門のクリニックでの治療がおすすめです。
専門のクリニックであれば、血液検査を行いその人に適した治療薬を処方してくれますから、副作用がでにくく万が一症状が現れても医師に相談すれば違う薬を処方してくれるので安心です。
また、治療費を少しでも安く抑えたい場合には、ジェネリック医薬品も処方してくれます。

副作用の発症率は1%にも満たない!発毛を恐れるな!

AGA治療薬であるプロペシアやミノキシジルには、副作用があることから治療をためらっているという人もいるかもしれません。
副作用の発症率はごくわずかで、副作用がでない人の方が圧倒的に多く、発症率は1%にも満たないといわれています。
ただ、プロペシアは、男性専用の薬となりますから、女性の服用はNGとなっています。
特に、妊娠中の女性は、皮膚から吸収されてしまい胎児にも影響を与えてしまいますから、触れるのもNGです。

ミノキシジルの副作用として、フケやかゆみ、発疹などがありますが、こういった症状は10%未満の人に現れますが、それほど重篤な症状になることはありませんから、心配はいりません。
元々血圧に疾患があるような場合には、心拍数の増加や動悸、血圧低下などが起こる場合がありますから、医師の診察のもと使用するようにしましょう。
万が一副作用がでた場合には、使用中止をして医師の診断を仰ぐことが大切です。
専門のクリニックであれば、初診で血圧検査を行い、副作用がでない薬が処方されます。
それでも不規則な生活習慣を続けていれば、肝臓が悪くなることもあり、副作用が現れる場合もあるので、そういった場合には使用中止をして、医師の診断を仰ぎましょう。